お金を稼ぐ

【Amazon出品】初心者ほど使うべき有料ツール・サービス4選

世界最大のECサイトであるAmazonは有力な販路です。
初心者ほど有料ツールやサービスを利用した方が、安全にお得に出品できますよ。

楽天市場、Yahooショッピング、au Payマーケットなどで仕入れ、買取屋に販売するポイントせどりは、比較的取り組みやすい副業として注目されています。

 

しかし2021年以降、楽天市場ではゲーム機等、転売行為が多く見られる商品を複数注文することがNGとなりました。

今後は、ゲーム機以外でも、同じ商品を買いすぎるとアカウント停止の可能性が出てくると思います。

 

また、楽天市場以外のECサイトでも軒並み転売対策が厳しくなっており、買取屋販路のみでは仕入れ可能な商品が見当たらなくなったり、利益率が低下することが予想されます。

 

買取屋への販売に限界を感じたとき、さらに一歩踏み込みたいときに取り組むのが、世界最大のECサイトであるAmazonへの出品です。

 

Amazonの圧倒的な取り扱い商品数、顧客数は、販路として申し分ないですが、初心者にはハードルが高いのも事実です。

初心者ほど有料ツールやサービスを活用し、安全にお得に出品しましょう。

せどり初心者が最初に取り組むべきポイントせどり2選 最近の副業ブームで、本業とは別に副収入を得たいという方が増えています。 しかし、いざ始めよう思っても「何をやったらいいか…...

Amazon大口出品

Amazon出品には『大口出品』と『小口出品』の2つがあります。

それぞれの詳しい説明はこちらをご参照ください。

 

費用面でみると、小口出品は登録料無料なのに対し、大口出品は月額4,900円かかります。

 

一方、基本成約料は、大口出品は無料なのに対し、小口出品は販売する商品ごとに100円かかります。

 

したがって、基本成約料の面では、毎月の商品販売数が49点以上にならないと、大口出品のメリットは享受できません。

 

しかし、大口出品には小口出品にない様々なメリットがあります。

 

なかでも重要なのは、大口出品にすることで、『カートをとる』資格が得られることです。

 

Amazonで販売する場合、『カートをとる』ことが売れ行きを左右します。

多くの人は、Amazonで買い物をする場合、赤枠で囲った『カートに入れる』から商品を購入します。

 

こちらの商品の場合、新品と中古品を合わせ297点が出品されていますが、その中で自分のストアの商品が『カートに入れる』に表示されることを『カートをとる』といいます。

 

せっかくAmazonに出品したのに、全然売れないといって撤退するのはもったいないです。

はじめは勉強代として大口出品に登録し、1商品だけでもいいので、売り切りましょう。

 

大口出品は、登録料を取り返すため、できるだけ出品数を増やそうという動機にもなりますし、カートをとりやすい分、無理な値下げも不要になるといったメリットもあります。

大口出品に登録する際に、海外にも出品できるグローバルセリングに登録されてしまう事象が発生しています。
アカウントリスクや費用が発生する可能性があるため、注意しましょう。
グローバルセリングを避けるため、はじめに小口出品で登録した後、大口出品に切り替えるといった方法もあるので、事前に調べておく必要があります。 

Keepa

『Keepa』は、せどり界隈で知らない人はいないというくらい有名なツールです。

 

せどりでは、仕入れようとしている商品がどのくらいの価格で売れるのか、どの程度の売れ行きかを把握することが重要です。

 

『Keepa』は、Amazonに出品されている商品の売上や価格の推移などを調べることができ、電脳せどりや店舗せどりを問わず必須ツールとなります。

【せどりの必需品】Amazonの価格追跡チェッカー『Keepa』の導入と解約方法 最近、楽天ポイントせどりやヤフショせどり、ワウマせどりなどが副業として流行っています。 簡単で手軽に5~10万円程度稼げる...

 

また、慣れてくれば、利益商品を見つけるための強力なツールにもなります。

月額15ユーロ(2,000円程度)ですが、使いこなせるように慣れば、せどりですぐに取り戻せます。

 

『Keepa』は、せどりにおける宝の地図ですので、導入しない手はありません。

 

今なら次にご紹介する『SellerSket』導入後に『Keepa』に新規加入することで、『Keepa』の料金が3ヶ月間半額となります。

SellerSket(セラースケット)

SellerSket』は、Amazon出品におけるアカウントリスクを低下させるツールです。

 

出品する商品によっては、Amazonからの真贋調査や知的財産権の侵害により一時的な出品停止に陥ります。

また、対応を誤れば、そのままアカウント停止となります。

 

SellerSket』を導入することで、アカウントリスクがある商品をある程度把握することができ、アカウント停止を抑制することができます。

【Amazonセラーのアカウント停止を予防】SellerSketの導入と解約方法 最近、楽天ポイントせどりやヤフショせどり、au Payマーケットせどりなどが副業として流行っています。 https://s...

 

月額2,480円ですが、20日間は無料で利用できます。

 

『Keepa』がせどりにおける宝の地図だとすると、『SellerSket』はAmazon出品の羅針盤です。

 

初心者こそ導入し、どのような商品がアカウントリスクを孕むのかを理解することで、安全にAmazon販路を開拓できるようになります。

ラクゾン

楽天市場で仕入れ、Amazonで販売する場合、楽天市場で付与されるポイントやAmazonからもらえる現金利益を商品ごとに計算する必要があります。

 

商品毎に楽天市場とAmazonを行き来し計算すると、1商品につき5分以上かかります。

 

一方、『ラクゾン』を導入すると、楽天の商品ページを開いた瞬間に「Amazonからもらえる現金利益」と「楽天からもらえるポイント利益」をそれぞれ自動計算し、さらに合計でどのくらいの利益が出るかが表示されます。

 

月額2,980円ですが、楽天での仕入れを効率化でき、お金で時間を買うことができます。

 

様々な商品をリサーチすることで、目を肥やすことができるので、無料期間の7日間だけでも活用することをオススメします。

まとめ

Amazon出品は、買取屋流しよりハードルは高く、手間暇もかかります。

しかし、買取屋がAmazonに出品している商品もあることを考えると、自ら直接Amazonに出品することで、買取屋流しで発生していた中間マージン分も利益に上乗せすることができます。

買取屋販路では利益がとれなくても、Amazon出品では利益率が10%を超えることもよくあります。

 

一方で、Amazon出品は、真贋調査や知的財産権の侵害によるアカウント停止リスクなどがあります。

Amazon出品初心者ほど、はじめのうちは今回ご紹介した有料ツールやサービスを活用した方が、効率的に知見を増やせますし、安全にお得に出品することもできます。

 

今回ご紹介した4つのツールとサービスの費用をトータルすると、月額12,000円程度となります。

勉強代としては高いと感じられる方は、無料期間だけでもいいので体験し、アカウントリスクがある商品や利益商品のイメージをつかみ、退会するのも手です。

 

Amazon販路を開拓することで、扱う商材を増やし、利益率を高め、経済的に豊かな暮らしを送りましょう。

 

副業・節約・投資により、年間100万円をゆうに超える成果が出ています!
ぜひ、こちらもご覧になってください。

フロントページ 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です