教養

DellのLatitudeでZoomの画面が真っ黒で映らないを解決

パソコンをDellのLatitudeに変えたら、Web会議で画面が真っ黒になり映らなくなった。
こんなお悩み解決します。

コロナ禍の影響でZoomやMicrosoft Teams、Blenderなどを使用したWeb会議が一般的になりました。

直接会わなくてもお互いの顔を見ながら話ができるので、とっても便利ですよね。

 

でもたまにトラブルと焦ってしまいます。

みんな顔が映っているのに自分だけ映らなかったりしたら、かっこ悪いですよね。

 

私もパソコンをDellのLatitude 7320に新調したら映らなくなり、あせりました。

 

結論から言いますと、Latitudeは型式にっては、カメラにカバーがついています。

カバーを外してみてください!

 

私の仕事用PCは・・・

私の仕事用PCはLatitude7320、OSはWindows10です。

いたって普通のパソコンです。

 

しかし、Zoom会議を行おうとするも、画面が真っ黒で、自分の顔が映らないんです。

お見せするような顔ではないのですが、他の人の顔が映っているのに、自分だけ真っ黒だと、カッコがつきません。

 

いろいろと調べると、

・Zoomでカメラが許可されていない

・ウイルスソフトがブロック

の2つをまずは疑うとあります。

 

この記事を見られている方は、そのあたりは確認されていて、それでも画面が映らない方が多いと思います。

 

カメラアプリで確認する

ZoomなどのWebアプリでカメラが許可されているか、ウイルスソフトがブロックしていないか確認する前に、カメラアプリで正常に映るか確認してみてください。

 

普段あまり意識しませんが、Windows10はタブレットでも採用されるOSなので、カメラアプリが入っています。

 

カメラアプリを起動し、やはり真っ黒にしかならないのであれば、私と同じ症状かもしれません。

 

カメラにカバーがついています!

最近のパソコンは、カメラが標準で搭載されているものが増えています。

カメラがついていると、ひょっとしたら見られているのでは…と感じられる方もいらっしゃるかと思います。

 

それを防ぐ方法として、Web会議アプリなどではカメラの許可がありますし、ウイルスソフトもあります。

 

しかし、一番確実にカメラを無効化する方法は、カバーをつけ物理的に見えなくすることです。

そして、Latitudeの比較的新しい機種には、カメラにカバーがついています。

 

実はこれが落とし穴で、知らないとカバーがついたまま、私のように困り果てて、Dellのサポートにまで電話することになります。

 

DELLのサポートに相談したところ、カメラにカバーがついている状態かもしれないので、スライドする部分を動かしてみてくださいとのアドバイス。

それを動かしてみたら、見事にカメラが映るようになりました!

DELLのHPでカバーが確認された機種

Latitude 5320、Latitude 5420、Latitude 5421、Latitude 5520、Latitude 5521、Latitude 7310、Latitude 7320、Latitude 7420、Latitude 7520

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まさかこんなことが・・・っと思われた方もいらっしゃると思います。

 

それでも解決しない場合は、DELLのサポートに相談してくださいね。

かなり丁寧に教えていただけます。

 

この記事で、一人でも画面真っ黒問題が解決したらと思っています。

 

副業・節約・投資により、年間100万円をゆうに超える成果が出ています!
ぜひ、こちらもご覧になってください。

フロントページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です